連帯保証人は更新拒絶できるのか?

今回は、連帯保証人の更新拒絶の相談です。賃貸借契約の更新にあたり、連帯保証人から連帯保証契約を更新しない旨の手紙が届きました。理由は、これまで度々滞納金の立替えがあり、これ以上、迷惑を掛けられたくない。保証人自身も経済的に困窮し他人の分まで保証できないというものでした。このように、連帯保証人が更新拒絶をした場合、連帯保証契約は終了してしまうのでしょうか?

賃借人と話し合いましょう

連帯保証契約は、賃貸借契約の更新とともに更新していくことが一般に行われています。ただ、今回の相談のように連帯保証人が更新を拒絶したり、更新時に連帯保証の承諾書を返送して来ないケースはよくあります。それでは、連帯保証契約は更新を拒絶されたり、承諾書の返送がない場合、連帯保証契約は自動的に終了となるのでしょうか。

この点については、最高裁の判例があり、現在に至るまで判例変更はありません。結論としては、特段の事情がない限り、賃貸借契約が継続している場合は、連帯保証人を継続しなければならないというものです。したがって、連帯保証人から一方的に拒絶したり、承諾書を返送してこなかったとしても、当然に連帯保証契約が終了するものではありません。ただし、保証期間が定められている場合や、高額の未払い賃料が発生しているにもかかわらず連帯保証人に連絡することなく放置した場合には、保証契約に基づく履行を拒否することもできる場合があることには注意が必要です。

また、連帯保証人が連帯保証契約を終了させたいと言っているからといって、賃貸借契約を終了させる原因にはならないため、賃貸借契約を終了させるという要求には賃貸人としては応じることは難しいということになります。結局のところ、連帯保証人が連帯保証契約の関係から離脱したい場合は賃貸人に要求するのではなく、賃借人自身に賃貸借契約の終了をお願いする以外ないでしょう。